私の好きな京都

下鴨神社

下鴨神社は、神武東征時に神武天皇を勝利に導いた八咫烏に化身していた賀茂建角身命を主祭神とすることから正式には賀茂御祖神社と呼ばれ神社であり、海神ワダツミの娘にして神武天皇の母・玉依媛命を祀っていることから縁結びや安産及び育児の御神威があるとされる神社です。

また、賀茂神社の境内には賀茂川と高野川の合流地点に始まる約38,000坪に及ぶ原生林「糺ノ森」があり、糺ノ森には「鴨の七不思議」と呼ばれる伝承が残されています。

鴨の七不思議には、神が降臨する際の依り代となる3本の「サカキ」が2本の幹になっている「連理の賢木」があり、連理の賢木は2本の幹が1つになっていることから縁結びの象徴とされてきました。

不思議なことに連理の賢木が、枯れると糺ノ森のどこかに連理の賢木が現れるとされています。

そのため、玉依媛命の御神威と連理の賢い木の験が良いことから結婚式が数多く行われる神社です。

その私もこの下鴨神社で結婚式を行った思い出深い場所でもあります。

この糺の森はあるくだけで、リフレッシュしたり何かパワーをもらった気分になれる不思議なトコロです。