私の好きな京都

天得院

南北朝時代の正平年間に、無夢一清禅師が開創した東福寺五塔頭の一つです。

豊臣家滅亡の原因となった方広寺の鐘銘「国家安康君臣豊楽」より取り壊された後、再建しました。

現在は、びっしりと杉苔に覆われた枯山水の庭に、凜と咲く桔梗の青や白の花が美しい、桔梗の寺として知られています。

本堂には華頭窓(かとうまど)と呼ばれる釣鐘型の窓があり、その窓を通して眺めるお庭や桔梗、紅葉など四季折々の風情は格別です。